漸(すすむ)〜リバベンの頂(いただき)を目指して〜

大会コンセプトについて


成長し続ける大会へ

 リバベンは36回の歴史の中で様々な成功と失敗を繰り返してきました。毎年実行委員のメンバーが変わり、運営の質が安定しないながらもこうして大会を続けてこられたのは、一重にリバベンを支えて下さる皆様、リバベンに出場して下さる皆様のおかげです。ですが、毎年実行委員の色に強く左右され、その年限りのイベントになっているようでは、そうした皆様に申し訳が立たない、リバベンの未来が危ういと感じています。  漸(すすむ)とは、「次第に進む。じわじわ進む。」(新漢語林)という意味を持つ字です。36回分の知識経験をしっかりと継承した上で、より堅実な運営、より魅力的な競技、より人を惹き付ける大会を目指し、確実に歩みを進めたい。そして、今後もリバベンが開催され続け、その度にリバベンが成熟して行くよう、全力で後世をサポートしていきたい。そんな思いからこのフレーズを大会コンセプトとしました。

各々の頂を目指して

 また、私たちは出場選手の皆様や各チームのサポーターの皆様にも、一緒に漸(すす)んで頂きたいと考えています。4メンの部で優勝する、新人だけで完漕する、チームメイトを全力でサポートする、様々な所属のラフターと交流を持つ。目指す頂(いただき)(=目標)は様々だと思いますが、どんな思いで参加しても活躍できる大会を用意して待っています。実行委員や優勝を狙う強豪チームだけでなく、リバベンに参加する全ての人が、地道に歩みを進め、みなかみの地で開催されるリバベン本番を目指す。そんな姿を思い描いています。